アコムの在籍確認 電話なしのカードローン・キャッシング

アコムの在籍確認 電話なしのカードローン・キャッシング

カードローンの金利は高くて怖い?


一般的に消費者金融カードローンの金利は高いと言われています。
大手のプロミスの金利は年利17.8%ですし、アコムやモビットは年利18%です。
確かに銀行などで取り扱っている他のローンに比べれば高いです。
しかし、どうして高いのでしょうか。
カードローンと他のローンでは使い勝手が違います。
一度借りたら追加借入ができないことが普通であるのに対し、カードローンは繰り返し利用可能です。
ただし、貸す側としてはカードローンと他のローンではリスクが違います。
通常のローンは貸付をしたら残高が減る一方ですが、カードローンは繰り返し借りることができますから利用残高が限度上限付近に滞留する可能性があります。
貸付残高が順に減るのであれば、返済途中で万が一貸倒になっても被害は少ないので、時間の経過とともにリスクは減ります。
これに対し、いつまで経っても残高が減らない可能性があるカードローンは、リスクが高いまま時間が推移します。
リスクの違いは金利に反映します。
リスクの高い貸付は保証料が多くなるためです。
そのためカードローンの金利は高くなるのです。
カードローンの金利の高さは利便性の高さの裏返しであり、不当に高いわけではないのです。
そのため、カードローンの金利は高いから怖いという話も実情を反映していません。
とはいえ、高い金利は毎月の利息が多いことも意味しています。
カードローンは毎月一定額の返済額が義務づけられていますが、多くの場合利息相当額しか支払えないようになっています。
そのため、返済しても残高が減らず怖いと言われることもあるようです。
しかし、繰上返済をすることでこの問題は解決します。
カードローンの仕組みがわかっていれば、不必要に怖がる必要はないのです。

 

TOPへ戻る