カードローン審査で在籍確認の電話は時間指定ができる!

カードローンの申込をすると、在籍確認の電話があるからと不安に思う人も多いようです。

 

アコムやプロミスでは予め在籍確認の電話の時間指定をすることが可能ですので、自分が電話に出れる、もしくは同僚の方が出てくれるような都合のいい時間帯を指定すればよいでしょう。
しかし、在籍確認の電話が嫌われていることは消費者金融側も承知しており、アコムのように省略できる相手であれば、

健康保険証や社員証の提示で確認する場合も増えています。
とはいえ、それでも在籍確認の電話をしなければ仕事をしているかどうかわからないという人もいます。
信用情報を照会すると、今までにクレジットカードやカードローンを申し込んだ際に記載した勤務先が載っていますが、その勤務先がマチマチだったりする場合には、勤務先の特定が難しくなります。
この場合、社員証や健康保険証を提示されても、旧職場のものである可能性があります。
すると在籍確認の意味がなくなりますから、電話確認するしかないのです。
このように在籍確認の電話を必要とする場合、せめて在籍確認の電話をする時間帯を指定できないものかと思うものです。

 

仮審査の申し込みを確認する電話の際にや、いざ在籍確認の電話がきても忙しければ「営業なので●時にかけて」や「ちょっと今から手が離せないから、2時間程度経ってから電話をしてほしい」と言えば応じてくれることがあります。
消費者金融側も成りすましを排除さればいいだけの事であり、電話した際の声が仮審査をした人の声と一致していると判断できれば問題はありません。
また、こちらは確実に時間指定できるとは限りませんが、アコムのように最短30分以内に審査結果をするという宣伝をしている場合、在籍確認の電話は仮審査後なので、都合のいい時間帯の30分前に申込書を送信するという方法もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ