カードローン審査における在籍確認の内容とは?

カードローン申込の際に不安だと言われるのは在籍確認の電話です。

プロミスのように健康保険証や給与明細の提示で在籍確認をするケースもありますが、多くの場合は職場へ在籍確認の電話をしています。

在籍確認は、無担保ローンであるカードローンの返済原資を確保するため、その原資となる給与収入が確実に得られることを確認することを目的としています。そのためには、申込書に記載された会社に勤めていることを確認する必要があるのです。

在籍確認の電話自体は、さほど長い時間かかるものではありません。

電話の時間は5分以内であり、電話に本人が出て、本人確認のために生年月日などを聞けばそれで終わりです。長電話をして周囲の視線を浴びるのではないかと心配することもありません。

このように、在籍確認の電話はあっさりとしたもので、一般的に言われるほど警戒するものではありません。

消費者金融の場合は担当者の個人名で電話をしてきますし、銀行の場合は銀行名で電話をするものの、銀行であればカードローンの在籍確認だと気づかれることは少ないでしょう。

気づく人もいるかもしれませんが、その人はおそらく金融機関の在籍確認の電話を受けた経験者だと思われます。

とはいえ、職場に私用電話がかかることを嫌がるケースもありますし、それ以前の問題としてカードローンの確認の電話があったというだけで周囲がちょっと警戒するようになります。

会社によっては上司から呼び出しを受けることもあるでしょう。

冒頭に述べましたが、プロミスのように在籍確認の電話を省略する金融機関が増えています。このような金融機関を利用することで、在籍確認の電話自体を心配することなく、便利なカードローンを自由に利用することができます。

ちょっと検討してみてはいかがですか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ