今の消費者金融ってホントに不健全?

消費者金融といえば、やはりそのイメージの悪さが気になりますよね。ですが、社会人になってかれこれ20年以上経つ自分にとっては、「最近の消費者金融は健全になった!」というイメージのほうが強いです。

確かに就職したての頃などは、ひどい消費者金融が存在していましたね。何社かは社会問題にもなりましたが、そういう会社はやはり淘汰されましたね。そして、こうも言えると思うんです。「いろいろ社会問題もありつつ、今も消費者金融が存在し続けているのは、重要があるからだ」と。

そうなんですよね。いくら銀行がカードローンを始めたからと言っても、クレジットカードにキャシング機能があるといっても、やはり消費者金融のほうが勝っている部分があるんですよね。やはり、審査のスピード、融資までの時間、審査基準、これは他の業界では絶対にマネができないことだと思います。逆にいえば、これを売りにしているからこそ、多少金利が高いのは仕方ないと言えます。

よく「消費者金融で借りると借金地獄になる」と思い込んでいる人がいますが、それは少し前のイメージだと思うんです。確かに借りることに対しての計画性は必要ですし、借りる前に返済のシュミレーションは必ずやるべきだと思います。しかし一方で、今は、金利や限度額について、きちんと法律で決められているので、ある程度は利用者の安全が守られていると思うんです。

なので、一時的に、あるいは急にお金が必要になった場合には、怖がらずに消費者金融を利用してみて欲しいと思います。今はネットから申し込めたり、コンビニのATMも使えたりするので、手続きや返済もとても便利になりました。イメージにとらわれるより、利便性で考えて欲しいと思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ