在籍確認の電話でNGとなってしまうケースは?

在籍確認の電話でNGとなってしまう場合ってどんなケースがあるのでしょうか?

消費者金融を申し込む際に行われる審査の一つ
勤務先にかかる在籍確認の電話。

今はアコムやプロミスであれば書類で簡単に在籍確認なしで借り入れすることもできますし、モビットのWEB完結申し込みなどでも
最初から在籍確認の電話なし・郵送物なしなどの便利な申し込み方法
などもあるので在籍確認が心配な場合は避けることも不可能ではありません。

しかし通常の審査方法であれば職場をチェックするというのは
必ず行われる大切な審査になっています。
通常に電話に出て在籍確認ができれば全く問題はありませんが
この在籍確認の電話の審査がNGとなってしまう場合とは
果たしてどんな場合でしょうか。

まずは会社に電話しても電話がつながらなかった場合です。
電話審査の時会社が休みではないか、電線の工事などが行われていないか、万が一のことを考え
確認をしておきましょう。
また、たまたま会社に社員が全員不在で電話にその時間帯だけ出られなかったという最悪なことにならないようできるだけ自分で電話に出られる状態にしておくと安心です。
また、同僚などにクレジットカード会社から電話が来るから電話に出るようにと
お願いしておくのも一つの方法です。
あと考えられるのは、職場の情報に虚偽の情報を記載してしまった場合です。
本当は退職済みなのにまだ在籍してるかのように申告してしまった等のケースです。
これでは審査に落ちてしまうので注意しましょう。
スムーズにいけば在籍確認まで審査が進めば、融資審査にはほぼ通過してる証拠ですので、簡単な注意点だけクリアしていれば問題ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ