生活費を消費者金融で借りるのは大変?

生活費を消費者金融から借りたお金でまかなうのは大変なのでしょうか?

消費者金融のカードローンやキャッシングは急な冠婚葬祭や入院という思いがけない出費の時に緊急に借りるのにはとても便利です。

すばやく申し込めば即日融資が可能ですし、初回であれば30日間の無利息期間などもあるので返済もそれまでに済めば全く金利もかかりません。

しかし慢性的な生活費の不足に利用するのはとても危険な行為になってきます。
なぜなら返済できるめどが立たないからです。

借りたものの返済するお金が無いのですから金利とは関係なく
元金そのものが返済できないと言うこと。

こういった場合は消費者金融を利用するのではなく
生活状況を変える、ランクを下げる、引っ越しをする、
不必要なものは売る、仕事を増やす、などできるだけの
努力をしそれでも払えない場合は生活保護を受ける方が
借金地獄にならずに済みます。

多重債務者になってしまうと、毎月の返済に追われ、精神的にも苦痛になってきます。多重債務を整理しようと任意整理や過払い請求などをすると通称「ブラックリスト」扱いになりますし、ましてやもっとひどい自己破産をしてしまうと、10年もの間、ブラックリストに掲載されてるので、新しいクレジットカードは作れません。勿論過去のカード類も一切使えません。

やはりカードローン・キャッシングは便利な反面、金利が高いので、生活費にまるまる充てるのではなく、少し足りない時に借りる程度にとどめるのが上手な利用の仕方でしょう。

そして消費者金融を利用する際はあくまで自分の収入で必ず返済できる金額内にし生活苦での利用は避けましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ