やってはいけない!偽名でカードローン申込をしたら逮捕される?

お金が借りられなくなったので、弟の名前など偽名でカードローン申込をしてみようと思っていませんか。

カードローンに偽名で申し込んではいけません。

何故カードローンは偽名で申し込んではいけないのでしょうか。

・偽名で申し込むと詐欺罪が成立する

偽名で申し込みを行い融資受けた場合詐欺罪が成立します。

当然契約は解除され、一括返済を行う必要があります。

民事賠償の他にも刑事事件として受理され、逮捕及び起訴となる場合もあります。

本人確認書類も偽造するわけですから、その他の刑法にも違反するため罪は重く、逮捕され収監される可能性は極めて高くなります。

・詐欺罪だと自己破産もできない

偽名でカードローンを申し込むのは借入件数が多く、お金に余裕が無いためだと思います。

偽名でカードローン融資を受け、その後自己破産を行おうとしても裁判所は認めません。

自己破産で免責を受けるのは、裁判所が免責不許可事由に該当しない場合のみで、偽名を使って契約をした場合は完全に免責不許可事由に該当します。

自己破産が出来ないと、高い金利を一生かけて払っていくことになりかねません。

偽名でカードローンを申し込んでも、リスクはあるけどリターンは殆どありません。

逮捕されて人生の無駄になるどころか、一生かけて借金を背負わなければいけない事もあります。

偽名を使うと言った危ない事は考えないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ