ブラックリストの消滅期限は5年?信用情報は審査にどれだけ影響を与えるのか?

ブラックリスト情報は5年経つと消えるのでしょうか。

ブラックリストに登録されていると、クレジットカード・キャッシングカード審査に通らなくなると聞きます。

ブラアックリスト情報が5年で消えるのか、ブラックリストによって信用情報に与える影響について解説します。

・ブラックリストの情報

ブラックリストと言っても、信用情報機関の中では大まかに2つにわかれています。

先ず、延滞(2~3か月以上の長期延滞や複数回延滞など極めて利用状態が悪い)は異動情報というブラックリストに属します。

もう一つは、自己破産や債務整理を行った場合です。

この場合は法的整理情報と言うブラックリストに属されます。

・ブラックリストの期間は5年か

ブラックリストの期間は5年間と言うと、半分正解になります。

長期延滞によるブラックリストの情報は5年間で消えるためです。

一方で法定整理を行った場合のブラックリストは、キャッシング業者やクレジットカード会社が使う信用情報機関は5年間で消え同じですが、銀行が使う信用情報機関は10年間保存されます。

法定整理のブラックリスト情報は5年で消えますが、それはクレジットカード会社とキャッシング業者に限った話です。

銀行から借りるカードローンや住宅ローン、教育ローンは10年間影響を受けます。

・ブラックリストの影響

ブラックリスト登録をされているから、融資をしてはいけないというルールはありません。

ただし、大手消費者金融・銀行・クレジットカード会社は顧客を選びますのでブラックリストが与える影響は計り知れません。

ブランド力がある金融機関からの借り入れはあきらめた方がいいでしょう。

新規に審査に通らないだけでなく、更新審査にも通過しなくなる可能性があります。

ブラックリストは一度登録されるとなかなか消えません。

資金ショートの原因になりますので、ブラックリストに登録される事の無いよう、常日頃から気を付けて生活を行ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ