ソーシャルレンディングって何?メリットとデメリットも解説

近頃ではソーシャルレンディングと呼ばれる投資法が話題になっています。

言葉は聞いたことはあるが、どんな仕組みなのか良く分からないという方は多いのではないでしょうか。

そこでソーシャルレンディングはどんな仕組みなのか、どんなメリットとデメリットがあるのか解説していきます。

〇ソーシャルレンディングの仕組み

資金を調達したい人に投資したい人が資金を出すのがソーシャルレンディングです。

資金を調達したい人、投資したい人の間には事業者が入っています。

事業者がインターネットで投資したい人を募集し、それを見た投資家が資金を出します。

資金を調達したい人は事業者から貸付を受け、その後は事業者に元本と利息を付けて返済していきます。

事業者は投資した人に分配を行うという仕組みになっています。

〇ソーシャルレンディングのメリットは?

今まで事業を行っている人が資金調達する場合、銀行から融資を受けるという方法が一般的となっていましたが、新たにソーシャルレンディングという選択肢が加わりました。

投資したい人には利回りが高いというメリットがあります。

株やFXのように価格が変動しないため、一度投資するだけで安定した分配金が期待できます。

特別な知識も求められないため、知識の少ない人でも始めやすいです。

1万円から投資できるため、手元の資金が少なくても大丈夫です。

〇ソーシャルレンディングのデメリットは?

投資した人には貸し倒れのリスクがあるのもソーシャルレンディングといえます。

元本が目減りする可能性があるのです。

その他にもソーシャルレンディングの事業者が倒産するリスクもあります。

一つの事業者に集中投資するのではなく、複数への分散投資でリスクをある程度抑えられます。

〇まとめ

ここまでソーシャルレンディングについて解説してきました。

期間中は原則途中解約ができないため、余裕資金で投資することが大切です。

事業者への手数料がどうなっているのか、事前に確認しておいて下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ